検査結果~2~

懸賞 2006年 03月 18日 懸賞

半年振りにクレアチニンの値が正常値ど真ん中になった。
すっごく嬉しくてたまりません!
だって年末に尿道炎になってしまったので悪化してるんじゃないか・・・
ご飯は普通、腎臓病に良いとはいえない内容に変更しているし・・・
様々な不安があったのです。
で、喜んでその後、一体なんでクレアチニンの値が下がったのかを考えています。
大きく変わったことは2つ。
1.ホメオパシーを始めた
2.食事をアバウト月間と名付けて高たんぱく食にした

初め食事を変える事は全く考えていませんでした。
でも私が作ったご飯の内容を見たホメオパスの先生が言ったのです。
この食事内容は猫にとってキツイ。
これを続けていくと膵臓が悪くなる危険があります。



猫は私達と違って雑食ではないのでインシュリンを生成するのが苦手なんだとか。
でも穀類が多い食事の場合、それを頑張って作らないといけなくなり
結果、膵臓肥大になる危険があるということでした。
ホメオパシーは身体の治癒力を高める治療ということで、食事を良いものにするのは大切だということはわかっていました。
でもそう言われてもハイ、そうなんですかって鵜呑みには出来ません。
ただ私が食事を変える気になったいくつかのポイントが存在してました。
1.便が多かった。
普通手作りにすると便が少なくなるというのが常識。
それが多いのは消化されない食物が体外に出ているって事です。
2・竜園は頑張って食べてくれるいい子ですが美味しくない食事だった。
3.そしてこれが極めつけ、普通の手作りご飯を試した事がなかった。
そうです、いきなり療法食を作り出したんです私。
竜園には普通の手作りご飯が合うのかどうかって事をまったく知らないでいたんです。

じゃ、試しにやってみようか。。となったのでした。
[PR]

by tohya_i | 2006-03-18 01:46 | ケアー

<< ヘタレ王子   検査結果 >>