思うこと

懸賞 2008年 03月 19日 懸賞

昨日、今日と東京大空襲の連続ドラマを見ました。
まだ1歳だった母はあの日、祖母に抱かれながらあの惨劇の中を生き延びた一人。
母自身は記憶もなく、祖母から繰り返し聞かされた話のみ。
どの様な状況であったのか、ドラマを見て考えてみたかったようです。
私自身、祖母からよく当時の話を聞かされました。
空襲警報発令係をしていて空襲警報が鳴って「空襲警報発令!」と叫びながら近所の子供達を連れ防空壕に逃げ込んだこと、防空壕にいた祖母の耳に「そこにいたら死ぬぞ!」とどこからか聞こえた声を信じて学校へ行って生き延びたこと、1歳だった母が踊る姿か避難した人達を和ませたことなど色々・・。
祖父も炎を避けるために布団を被り川を渡って生き延びたそうです。
あの状況の中で生き延びたって物凄いことなんだと映像や写真を見ると改めて思います。
【生きていることは奇跡】
本当にそうだなぁと感じます。頑張って人生大切に生きなきゃね・・・。
[PR]

by tohya_i | 2008-03-19 00:11 | 日常劇場

<< 日々の暮らし   成長?してる >>