2008年 12月 05日 ( 1 )

懸賞 懸賞

ルシ、さよたまへの道2

懸賞 2008年 12月 05日 懸賞

それはなんの予兆もなく突然始りました。
基本私はリオンと本宅で、妹はルシと別宅で過ごしているんだけど、ある日の夜中妹からメールがきた。
「いまルシがトイレから飛び出してきたんだけど、すっごい騒ぎでタワーに飛びついたり駆け回ったりしてる~!でタワーに茶色い物が~~~(T_T)」
ウンPが麻縄に~~~!(>_<)と夜中の惨状を想像しつつ時間が時間だけに応援に行けずスマン!と心で詫びました。
次の日になって妹からルシウスが脚を引きずっていると聞く。
「タワーに飛びついた時にぶつけたんじゃないかな?」
「取り合えず様子を見てみよう」
2日経っても脚の様子はやっぱり変だった。急遽病院へ!
獣医さんは触診したりルシの身体を持ち上げて片足ずつ診察台に着けては脚の動きを見ている。
「特別問題はなさそうですよ。多分打撲だと思うので1週間くらいしたら治るでしょう」
ホッとした。
そうしてルシウスの脚は日に日に良くなって1週間経つ頃にはすっかり良くなった。
ところがその2日後、また彼の後ろ脚は立たなくなったのだ(T_T)

その頃キャットタワーが入っていた大きなダンボールがお気に入りの遊び場だった。
ようやく動くようになったのが楽しくて仕方なかったのかその日も飛び込んだりハッスルしてはしゃいでいたと思ったら・・・
暫くして足元へやってきたルシウスを見るとなんだか元気がない。
「どうした~?」と声をかけつつ観察・・・あれ?脚、おかしくない!?
彼の後ろ脚はまたも立たなくなっていた。しかも前よりも酷くなっている!

この時も私達は「ダンボールに飛び込む時に引っ掛けちゃったんだ」そう思っていた。
e0087470_15362281.jpg

[PR]

by tohya_i | 2008-12-05 15:39 | 瑠琇主