カテゴリ:ケアー( 15 )

懸賞 懸賞

ホメオパシーケアー 3日目

懸賞 2008年 02月 08日 懸賞

少し開いちゃいましたが続きです(>_<)

【3日目】

日付かわってからの様子

2:20 スープ(ビオフェルミン入)
3:20 スープ(ササミ少量入)

ここで就寝

7:20 スープ(ササミ少量入)
10:00 オシッコ
11:30 下痢
12:30 スープ(ササミ少量入)
16:08 「スープはもう嫌じゃ!ちゃんとした飯を出さんか!!」と大抗議をされたので
     ササミのみ少量

20:00 母がテーブルに置いた「イカ下足と「玉葱のかき揚げ」を盗み食いする
      よりにもよって消化に大敵じゃん~~~(┬┬_┬┬)

20:30 スープ(ササミ、ビオフェルミン入)

今日は1回下痢したきり、トイレ通いもストップ!

ここで3日目のメモ終了

そろそろ固形物を与えても大丈夫そう。
イカと玉葱の天ぷらなんて最悪な物を盗み食いしたけど下痢する事もなかった!
良かった~\^o^/
血筋に似合わないこの食い意地、生命力を感じられて気に入ってます♪
いざとなった時、食い意地がはってる子は強いのです。
ただ誤食には要注意だ~~☆
[PR]

by tohya_i | 2008-02-08 13:39 | ケアー

ホメオパシーケアー 2日目

懸賞 2008年 01月 27日 懸賞

【第2日目】

日付変わってからの様子です。

0:47 トイレ
2:45 トイレ
3:05 トイレ

3時過ぎにトイレに入ったあとベッドに潜り込んできたのでそのまま就寝。
朝7時頃に起きて全部のトイレを確認すると一部粘膜は出ていたけど、ちゃんとした便が出ていたのでちょっと安心。
寝ている間の細かい様子はわからないけど、たぶん時々トイレに通っていたのではと思います。

9:30 オシッコ
     PH、量など正常

9:36 固まりつつある便あり

食欲が戻って「飢えた獣」状態に(>_<)
鷄ササミ、人参、キャベツ等でとったスープを少量ずつ飲ませてみる
が!案の定直後よりトイレ通い

11:11 少量の軟便
12:40 下痢
15:35 下痢、落ち着かない

肛門が赤くなってしまっていて、痛み、違和感があるようで時々舐めている

ホメオパスよりSulphur 30C を2時間おき3回リピートの指示

16:00 Sulphur 30C *1
18:00 Sulphur 30C

コタツで眠りにつく

20:00 Sulphur 30C

膝上で眠りにつく

*1 Sulphur 早朝、午前5時頃に悪化する下痢、暑いと悪化する下痢、皮膚疾患のレメディー、他のレメディーを助ける 

22:28 下痢
22:35 下痢

この日トイレに行った回数10回

昨日より減ってるけどまだ落ち着かないなぁ~(T_T)
食べるとお腹が痛くなるようだから、朝までは絶食かな。
でも食欲が普通にあるからちょっと可哀想。。。
こんな時に切らしているビオフェルミン、買ってこなくちゃ(>_<)

ここで2日目のメモ終了

レメディーの有効性、今回はちゃんと感じました。
投与してからかなり落ち着いて、暖かい場所で休むようになったし、投与して暫くで肛門の赤味がひいて舐めることがなくなったので。
[PR]

by tohya_i | 2008-01-27 22:54 | ケアー

ホメオパシーケアー 1日目

懸賞 2008年 01月 25日 懸賞

e0087470_110725.jpg

一昨年の大晦日に「尿道炎」に見舞われて以来、室温には極力気をつけてはいるけどやっぱり完璧にいくことなんて世の中ないのだ。
今年は「下痢」になってしまった~~(>_<)
実は・・・ふだん便P体質なのでゲリP対策をした事がなかった!
しかも最悪なことにこの日は大切な集まりがある。
さぁどうするよ!かなり頭抱えましたよ・・・
だって、だって、この1、2年くらい猫の体調不良でどれだけ予定をキャンセルしたことか(>_<)
「このネコ馬鹿め~!」って言いつつも、そんな馬鹿に付き合ってくれてる友人に感謝する日々。
そしてこの日はめったに会えない友人との約束だ!行かねばなるまい!!

便は一部固形、またはゲル状、きちんとトイレを使う余裕はある、嘔吐なし、食欲まぁまぁ(ただしこの日は絶食)、排尿問題なし、熱なしetc.
総合的にみて即獣医に駆け込むレベルではないと判断。
幸い妹が仕事しながらでも面倒を見てくれる状態というのもある。
そこでホメオパシーでのケアーを試みました。
その時の様子をメモります。

NEXT
[PR]

by tohya_i | 2008-01-25 01:11 | ケアー

検査いろいろ ~Part.1~

懸賞 2007年 04月 11日 懸賞

2月から3月にかけて竜園の検査をやりました。
体毛を使った検査と血液検査です。
取り敢えず結果が出揃ったので発表~。
まずはベーシックな健康チェックと栄養バランスのチェック
栄養バランスが目的だったけど単品は売り切れだったので2種セットの方を試してみました。
e0087470_13515126.jpg

なかなか良いんではないですか!?(≧∇≦)キャ♪
不足気味と出たビタミンEと亜鉛はなんとな~く自分でも気にしていた部分。
10ポイントが合格ラインで9ポイントとなると、少しの増量を心がけるようにすると良いかもしれないな、とか思ったりして。
ちなみに問診で「便P気味」と申告したのアドバイスいただいてます。
ただ笑えたのが体重のところ。
「4.3kg」の「・」が抜けていて「43kg」になってる(笑)
43kgのネコって恐すぎ~~ヾ(≧▽≦)ノ
我家はほぼ100%自家製食となって1年半くらいですが、こうしたチェックを定期的にすることはとっても参考になると思う。
お値段も1種3千円強とあってリーズナブルです♪
シッポ根元の毛を10本くらい送るだけなのでネコに負担もかかりません。
ま、我家の王子は本格換毛がこの後にきたためカット・・・貴重なシッポ毛~!o(;>△<)O
[PR]

by tohya_i | 2007-04-11 13:53 | ケアー

出ましたv(^o^)

懸賞 2007年 03月 20日 懸賞

e0087470_22483360.jpg

いきなりお目汚しごめんなさいm(__)m
本日夕方、見事に出ました~!
これで先月から頭を悩ませてた王子の便Pが解決しそうです♪
ちなみに発見したのは遊びに来たMちゃん(6歳)。
久々の[毛球]ちゃん、あまりのデカさとそのお色に一瞬ウン○かと思われてしまったよ( ̄▽ ̄;)
皆さんは…大丈夫ですよね?
その後リビングのトイレでチッコまでした。
王子、一体なんのサービスですか!?
[PR]

by tohya_i | 2007-03-20 22:48 | ケアー

便秘 ~その後~

懸賞 2007年 03月 17日 懸賞

ニャンコ王子は満腹で爆睡ちうなので続きをいまのうちにアップ!
blogが停滞しがちなのは私が怠慢なのはさっき書いたけど、もう一つ立派な理由があった。
いっつもいっつも竜園が邪魔してくれやがるのです(ーー;)
勝手にシャットダウンなんて日常茶飯事、書きかけた記事も真っ白け。
どこまでも勝手我儘な王子なのでした。ふぅ・・・

さて換毛期に突入して便秘ってしまった王子。
食欲不振、吐き気などもあることからホメオパスに相談して「Gaert.30c」を4日間投与する事にしました。
このレメディー、去年11月にも3週間(最長期間)投与したんですが、腸に働きかけます。
竜園はソマリにはめずらしくウンPが緩くなったことがほとんどありません。
だからずっと腸が丈夫なんだと思ってました。
ところがホメオパスは
「竜園の根本レメディーのLyco.タイプは腸にくることが多い。一度そちらもケアーしましょう」
と言ったのです。
その時は「そうなの?」くらいに思っただけだったけど、レメディー投与してみてビックリ!
3か月で我が家にきて以来、2日に1回だったウンPが突如毎日出るように!!
腸が弱いって考えたら「便秘」ってこともあるじゃないか!?と今更気づく。
少し前に「巨大結腸症」のことを聞いて、便秘って怖いと思ったところだったから、これは嬉しかった~。
以来快調にきていたのに今回の便秘騒ぎ(>_<)
再びGaert.の投与を開始した翌日から快便☆食欲も一気に戻ってきた!
・・・・って喜んだのもつかの間、1週間経つころにまたウンPがちっちゃくなって、食欲も減退しだす。
再びレメディー投与、今度は5日間。
そして現在までのところウンPは週5回ほどお目見えしてくれている♪
このまま順調に換毛を乗り越えてくれればいいな。
・・・・それにしてもいつも思う。
「一体どうして効くのやら、ホメオパシー(?_?)」
e0087470_15726.jpg

       欠伸~その後~・・・・むにゃむにゃ、むちゃ、むちゃ・・・
[PR]

by tohya_i | 2007-03-17 01:13 | ケアー

お久しぶり~

懸賞 2007年 03月 16日 懸賞

前回記事をアップした日付を見たら1月17日!!
気づいたら2か月経ってました(ーー;)
パソコンが壊れたり、携帯も逝ってしまったり。ゴスロリ即売会の準備に追われた~なんて事もあったけど、まぁ私の怠慢が原因です・・・。
今後はもう少し頑張ってみます。

さて今年は暖冬だったせいか竜園王子の換毛も早くやってきて、既にスッキリンコな状態。
もともとモフらない事に定評(?)があるから、冬毛まふまふ~♪を堪能する間もなかった・・・
「終わり!?終わりなのっ!!??」と泣いて訴える私に、
「はぁ??うっせーなー、眠~」って返事(想像)が王子から返ってきた。
こんなアホなやりとりをしつつ、頭の感触が“モクモク”から“コツコツ”に変わってきたな、
お!猫草を久々にあむあむしてる~、もう毛が変わるのかぁ・・・って呑気に思ってたらおもいっきし便秘っちゃいました(*_*;
嫌がるからって毛玉ジェル控えてたのもいけなかったし、中性脂肪を気にして油分控えてたのも災いした。
取り敢えずホメオパシー・レメディー「Gaert.30C」を投与することに。
どうなったか、それはまた別に。。。。
ニャンコ王子が空腹のあまりキーボードに飛び乗るのでこれ以上は無理~~8->
e0087470_20263332.jpg

                【春眠暁をおぼえず(じつは一年中!)】
            おヒゲがビョーン!ってなってるのって可愛くないですか??
[PR]

by tohya_i | 2007-03-16 21:09 | ケアー

良かったこと、悪かったこと Part2

懸賞 2006年 11月 30日 懸賞

記事を書いてたら長くなってしまったので分けたんだけど失敗(≧▼≦;)
悪かったことを後から書くってことになってしまった。
まぁほどほどに悪いかなって位だからいいか。

今回5ヶ月振りの病院ですっかり新しくて広い受付に舞い上がってしまった私。
前は受付所の壁に担当獣医の名前と写真、出勤してる獣医がわかるボードみたいのがあったんだけどそれが見つからない。
どうにかこうにか担当の獣医さんの名前を伝えると
「え!?」って反応が・・・。
テンパって1年以上も前に退職した前担当の名前を言っていた(~-~;)
改めて担当獣医師を告げると
「申し訳ありません。〇〇先生は手を怪我して現在入院中なんです。転居のため退職も決まってまして直接のご挨拶も出来ないんです…。」
なんですとー!!??
経過をみてる先生がいなくなるっていうのは問題だ。
猫との相性もあるし、なにより私との相性!これが大切。
前担当が退職した後に2回ほどお世話になった先生はどうにも合わなくて新しく来た現担当に落ち着いたのになぁ。
獣医師は現在10名くらいいるけどキャリアがあまりないのもなぁ、とか受付でグルグル考えて取り合えず担当が休みのときに1回見ていただいた副院長(男)を指名。
診察室で待つと副院長ともう一人、尿関係に詳しいという新しい先生(男)が来た。

NEXT
[PR]

by tohya_i | 2006-11-30 11:58 | ケアー

良かったこと、悪かったこと Part.1

懸賞 2006年 11月 28日 懸賞

ちょっと前になっちゃいましたがミルガイと竜園を病院へ連れて行きました。
竜園が珍しくもチッコをタイミングよくしてくれて「チッコ専用おたま」でGET。アイスノンで冷やしながら病院へ・・・。
そこで良かった事に色々遭遇しました。
8月に移転、新築したのは知っていたけど新しくなった病院はすっげ~キレイだった(≧∇≦)
車で約20分。そこには地上5階建の立派な病院が!
配色も差し色に私の好きなパープルが使われてて気分が良い♪
でも立派な建物よりもなにより嬉しかったのは「猫用待合・診察室」が出来た事!
この病院、評判いいのでとても混むんだけどやっぱりワンコが本当に多い。
特に小型犬はノーリードなんて事もけっこうあってイラつく事も多かった。
いくら小型でもリード付けて膝に乗せるくらいの配慮をしろ!って何べんキレそうになったことか。
病院にきてる子は具合が悪い事が多いってことへの配慮もたりない。
100歩譲ってネコならまだしも、ウサギやハムスターやインコを連れてる人だっているんだから本音いえばキャリーにいれてほしいくらい。
吐夢が通院していた時は本当に堪らない気持ちになることもあった。
ワクチン接種やフロントラインだけじゃないって考えればわかるだろうに・・・。
それが解消されたんです♪
完全に分けられてるわけじゃないけどワンコと隣り合って座るとか犬がキャリーにフガフガ近づくなんて事はなくなったから、それだけでストレスが減るってもんです。(とかいって竜園はギリギリまで車内待機なんだけど~)
そして本当に良かった事。
実はミルガイには肩に腫瘍が出来てきててそれをどうするのかって事を相談したんです。
腫瘍は徐々に大きくなってきてるし、肩甲骨の辺りだから場合によっては悪性でもオペは出来ないかも・・・と考えていたんです。
しかし彼女は強かった!腫瘍は良性、しかも骨に癒着してなかったので切ることも簡単だって診断でした \(≧∇≦)/
年齢を考えて麻酔が怖いし、いま元気だからオペは行いません。
良性なら安心だもんね。
そして糖尿病疑惑、これももしかしたら単なる疑惑で済みそうです♪
1回の血液検査で値が高く出ることは良くあるそうで糖尿病ということではないでしょうとの事。
体重も維持しているし本当に安心しました。
[PR]

by tohya_i | 2006-11-28 22:35 | ケアー

検査結果~2~

懸賞 2006年 03月 18日 懸賞

半年振りにクレアチニンの値が正常値ど真ん中になった。
すっごく嬉しくてたまりません!
だって年末に尿道炎になってしまったので悪化してるんじゃないか・・・
ご飯は普通、腎臓病に良いとはいえない内容に変更しているし・・・
様々な不安があったのです。
で、喜んでその後、一体なんでクレアチニンの値が下がったのかを考えています。
大きく変わったことは2つ。
1.ホメオパシーを始めた
2.食事をアバウト月間と名付けて高たんぱく食にした

初め食事を変える事は全く考えていませんでした。
でも私が作ったご飯の内容を見たホメオパスの先生が言ったのです。
この食事内容は猫にとってキツイ。
これを続けていくと膵臓が悪くなる危険があります。

NEXT
[PR]

by tohya_i | 2006-03-18 01:46 | ケアー