<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

不思議な噺

懸賞 2007年 05月 23日 懸賞

我が家の人間は本当に不思議なくらい霊感というものがない。
父親はそういったことをはなから信じない人だし、弟もそう。(怖いだけなんじゃねーのか?と疑ってる)
妹と私は信じることは信じるんだけど“見た”ことはない。
私なんて金縛りにあったことすらないし(>_<)
母は心理テストも出来ないような1番の現実主義者。
それでもなんとな~く信じてみたい、程度には思っているようで最近やけに【オーラの泉】が好きです(笑)

そんな霊不感症一家に不思議な出来事が起きたんです!
それは今から4年前、【ゆき】が虹の橋の住人になった2日後の夜。
夜中にトイレに起きた母が何気にリビングのドアの隙間から更に奥の和室を覗くと何やら赤い物が見えたというのです。
その年は珍しく5月人形を飾っていて3段飾りの正面に小テーブルを祭壇に見立てて御骨や写真を置いていたんですが、その祭壇の周りを小さな深紅の玉が2つ、ゆらゆら飛んでいたんですって。
あれは何だったんだろう?と翌朝私たちに話していたんですが更なる驚きが翌晩も起こりました。
体験者はまたもや母。
前の晩と同様にトイレにいって寝室に戻ったら、そこには空中に浮かんだ【ゆき】が!!
ちょうど150cm位の高さで体の周りは霞みがかかったようにぼやけた光で包まれていて、思わず「ゆきちゃん!?」って呼んで見つめあっていたけれど暫くしてスーッと消えてしまったというのです。
寝ていた父を起こそうかと思ったけど馬鹿にされそうだったからやめたのよ、と翌日話した母。
いや、現われている時にこそ見せなくちゃいかんだろ(ーー;)

それにしても現実的な母のところにどうして現れたのか。
【ゆき】は母と寝る事が多かったから、その晩もいつもの様に一緒に寝ていたのかな。
それと、私たちが毎日学校へ行っている間も一日中【ゆき】といたのは母だったから、最後にお別れをちゃんとしたのかもしれません。

この話を友人のすけきよさんにしたら
「最期まで笑かしてくれる猫だな(笑)」ってコメントがきた。
とっても淋しい気持ちでいた私はその言葉が妙に微笑ましくて、可笑しくて、嬉しくなった。
e0087470_0341718.jpg

           我が家の子はどういう訳かみんな写真が大嫌いだ
           ゆきもやっぱり嫌いなので・・・いつも顔が怖い(T_T)

[PR]

by tohya_i | 2007-05-23 00:43 | 日常劇場

また1年

懸賞 2007年 05月 15日 懸賞

本当に時の経つのは早い。
ちょうど1年前に相棒猫【ゆき】の事を書いた。
あの子が逝ってから4年も経ったのかぁ・・・なんだか不思議。

ゆきはお外出入り自由で勝手に猫らしく生きてたところがあったけど人間ベッタリの甘えん坊でもあったっけ。
お産の時はマッサージしろ!とせがむから家族交替でお腹をさすった。
「産箱は嫌☆やっぱりベッドじゃなきゃ!」って夜中に目も開いていない子猫と一緒に私のベッドに引っ越してこられた時はビックリしたよ。
それから毎夜生まれたばかりの子ニャンとゆきに揉まれながら安眠とは程遠い日々を送ってた(~_~;)
私たちが悪戯しても、お客さんがきても一度も「シャー!」なんて言ったこともなかった。
いつも接待を欠かさなくて猫嫌いのお客さんには特に念入りな御挨拶。
その表情は「猫嫌いでしょ?わかってるのよ♪」っていってた。
お客さん、気の毒だったなぁ(笑)

人間言葉だってバッチリ習得してた。
お別れが近づいてきて、もう動けなくなって、こんこんと眠っていたのに、突然「にゃあ」って声が聞こえて。
慌てて様子を見たら変わらず目を閉じてスヤスヤ眠ってたから空耳だと思った。
隣室に離れて数秒後、「ゆきちゃん逝っちゃったよ」という母の声が聞こえてきた。
「嘘!?だって今ちゃんと呼吸して眠ってたんだよ!」って言ったけどすぐ理解した。
仕事をしながら交替で様子を見るしかなかった私は「“その時”がきたら言うんだよ」ってゆきに伝えてた。
その言葉に彼女はちゃ~んと応えてくれた。凄い子だ!!

5月は命が世界に一杯あふれてる季節なのに、私の大好きだったいくつかの者はこの季節にいなくなった。
ゆきも5月に逝ってしまって余計に辛くなってしまって、やりきれない気分で過ごすことが多くなってたけど吐夢と5月に出逢って、ちょっと変わった。
ゆきが眠る庭はいま花が咲き乱れていて、この季節に逝ったことが良かったと思えるようになりました。
そういえば今日は竜園がえらくエキサイトしていたけど、ゆきちゃん来たのかな~(笑)

e0087470_0514972.jpg

                  親子そろってハレーション(笑)
e0087470_051929.jpg

この子は・・・たぶん家に来て3度目のお産で生まれた子、キット君・・・かなぁ??
古すぎて記憶があいまい(>_<)
この子も2年前、20歳のオジイチャンで天寿を全うしました。
[PR]

by tohya_i | 2007-05-15 01:32 | 日常劇場

私の好物

懸賞 2007年 05月 11日 懸賞

本当は・・・竜園の体毛検査結果なんかを発表していく予定が・・・スキャナーが接続できなくてアップできずにいます(>_<)
で、たまにはニャン以外のネタでもと思いました。

長い爪が大好きで昔から伸ばしてるんだけど、やっぱり折れちゃったりして格好悪くなることも多いのです。
マニキュア塗るのもニャンコから離れてコソコソっていう状態だし、最近はケアーも怠りがち。
でもでも、やっぱり美しい爪っていいじゃないですか!?
そんな時に活躍するのが【ネイルチップ】
これは使いだすと本当に便利!
だって爪が短くても、エナメル乾かすまで眠れないってこともなく、利き手の爪を塗るのに四苦八苦することもなく、ゴージャスな爪先を楽しめる♪
本当にお勧めのアイテムです。
                      【3月にオーダーした物】
e0087470_1403233.jpg

e0087470_143434.jpg

ベースのデザインはペール・パープルだったのを親指に描かれた蝶を目立たせたくてブルーに変更。
フラッシュの関係でグリーンがかった青色になってしまったけど本物は深いメタリック・ブルーでもっともっと美しいのです。
しかもストーンがキラキラ反射してしまって・・・ああ!実物お見せできないのが残念!

以前は自爪の幅がせまくて既製品は使えなかったから自分のなかでチップは欠けてバランスの悪くなった箇所を調整する小道具程度だったけどオーダー物を付けてからは実に快適な御洒落アイテム☆
この快適さは既製品では有り得ない!しかも長さや色も自分好みに出来るんです☆
私はいつもゴシックネイルチップサロン VAMPIRE OF ROSE様でオーダーしています。
素敵なデザインが沢山あって様々なカスタムにも応えてくれます♪
サイトには色々な作品がありますので是非覗いてみて下さい。
[PR]

by tohya_i | 2007-05-11 02:07 | 日常劇場

猫ママ&パパさん必見です!

懸賞 2007年 05月 07日 懸賞

ソマソマ仲間のSomalism***さんがとっても素敵な別館サイトを開設されました!

Rinpopoさんとしゃおらんさん、2人のママ達が愛する子供たちのために実践されてきた貴重な体験や、沢山の有益な情報がつまった素晴らしいサイトです。
ニャンコと暮らす上で絶対知っておきたい様々なことを丁寧に美しく纏められています。
情報も豊富ですが、なによりも家族を想う愛情が一杯の素敵な場所です。
種族の違うファミリーを持つ全ての方、是非ご覧になってください。

猫logy Life【愛猫のためのお元気手帳】
[PR]

by tohya_i | 2007-05-07 00:13 | 日常劇場

嬉しい出来事♪

懸賞 2007年 05月 06日 懸賞

以前に何度か書いた居候うさぎこと「ミルガイ」ちゃん。
この度正式に我が家のファミリーとなりました\(~o~)/
ようやく飼い主から終生飼育の依頼がきたのです。
「世話をお願いするのも悪い」と口では言うもののこれが実に口先だけの事なのは明らかだった。
だってうちに居候して1年くらい経つけど一度として掃除に来たこともないし、ご飯買ってきた事もないし、様子を見に来たことすらなかったんだから。
あ~せいせいした。
これで堂々と可愛がって面倒もみてやれます。
腫瘍は大きくなっちゃってるけど元気に走ってるし、食欲もバッチリ☆
まだまだ元気に楽しい余生を送ってもらわなきゃ!!

                  ミルガイ3変化
e0087470_23471134.jpg

                      我が家に来たころ
e0087470_23475854.jpg

                    秋・・・あれれ?三毛!?
e0087470_23483076.jpg

               冬・・・黒っ\(◎o◎)/!
[PR]

by tohya_i | 2007-05-06 23:57 | 日常劇場